ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 小保方晴子さん叩きについて(週刊ポストまで??) | トップページ | 小保方晴子さん叩きについて(各論その2) »

2014年3月18日 (火)

小保方晴子さん叩きについて(各論その1)

 今回の「STAP細胞論文騒動」の原因について、もう少し踏み込んで考えて見た。私の考えでは、今回の騒動の真因は、

小保方晴子という、実験の天才の扱い方の失敗

だと思う。彼女は、独特の感性を持つ実験者である。しかしながら、実験の天才が、上手なレポートを書けるわけではない。もう少し踏み込めば、他人に上手に説明できるかも、危ういところがある。そして、論文発表のやり方なども、あまり経験していないと思う。このことは、彼女が「自分の成果が認められずに~~」といった状況からも推測できる。
 ハーバードのバカンティ教授はそのことを理解していたと思うが、日本の関係者はそれを受け入れるには、あまりにも狭量だった。見方を変えれば、「博士号もとったのだから」、または、「ハーバードで研究していたのだから」と言うことで、実験だけでなく、論文作成や特許申請などの文書作成も、それなりの能力があると、信じて任せてしまったのであろう。確かに、研究機関で『XXリーダー』と肩書きの付く人を採用するときには、普通は、研究だけでなく、管理や文書作成などに、バランスの取れた能力がある人を採用するはずである。
 しかし、繰り返して言うが、『実験の天才』が論文作成まで、上手に効率的にできるかは、別問題である。
 本来、このような才能を活かすためには、理論的な立場、もっと言えば科学哲学的な立場で、レトリックをしっかり扱える人間に支援させて論文に仕上げさせるべきだと思う。
 もっと踏み込めば、研究に力を入れるなら、このような『偏った天才」を上手く扱う、技術経営的手腕のある人材を育成するとともに、研究部門に対する間接的な予算も認めるべきだと思う。
 もっとも、民主党政権で、研究者いじめがおこなわれた後では難しいものがあるかもしれない。
 蓮舫議員などが、
  「STAP細胞研究などは1位にならなくて良い。
   アメリカなどに特許はとられてもよい。」
といっている声が聞こえそうである。

« 小保方晴子さん叩きについて(週刊ポストまで??) | トップページ | 小保方晴子さん叩きについて(各論その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小保方晴子さん叩きについて(各論その1):

« 小保方晴子さん叩きについて(週刊ポストまで??) | トップページ | 小保方晴子さん叩きについて(各論その2) »