ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« STAP細胞論文問題に関して | トップページ | 管理職のための研修資料の更新です »

2014年3月15日 (土)

もう一度論文の評価法に関して議論が必要

 STAP細胞問題に関して、官房長官まで発言する事態になった。しかし、メディア上の情報を見ていて、どうも論文と言うことが判っていない発言があるように思う。特に、博士論文などにある、他人の論文コピペ問題に関しては、本質をついてないものが多く見受ける。
 そもそも、科学者の研究というのは、従来の研究を踏まえて、それを踏み越えていくものである。従って、博士論文のように、ページ数制限がない場合には、従来の成果というか、その分野の一般常識をまとめて、最初の1~2章に書くものである。この部分が、標準的な公開情報をコピーすることは、引用元をしっかりすれば、ある程度は認められる話である。また、このような情報を、自分用にノートしていたりしたら、これを誤って論文に入れることは十分あり得る。今の世の中、ネット公開情報をコピーして、自分の勉強用のノートを作るのは、気の利いた人間ならやることである。小保方さんの博士論文問題は、このような形ではないかと思う。実験方法に関するコピペという追求も、先行事例の表現なら、十分あることである。
 ただし、引用表記ができなかったことは、研究者としての未熟さと言わざるを得ない。
 さて、これが大切なことだが、論文においても本当に評価すべきことは、その新規性であり、それを支える論証の正しさである。今回は、表現方法の問題になっている。これを論証の正しさを満たさないといえば、それは認めないといけない。
 しかし、一般に対してメディアは、論文評価は、主要部分の新規性と論証を評価すべきであり、前提に書いた一般教養ではないと言うことを、しっかり報じるべきだと思う。

« STAP細胞論文問題に関して | トップページ | 管理職のための研修資料の更新です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう一度論文の評価法に関して議論が必要:

« STAP細胞論文問題に関して | トップページ | 管理職のための研修資料の更新です »