ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 学校教育で多様性を認めることが大切 | トップページ | 適当な休みが取れる組織 »

2014年3月 3日 (月)

課長の仕事とは

 管理職の仕事について、昔作った資料などを見直している。
 そこで思いついたが、課長の仕事が一つの転換点だと思う。

  課長         組織の長としての責任者
  グループリーダー 業務遂行単位のリーダとしての指揮監督
  総合職担当者   自主的な判断力を持つ担当者
  一般職担当者   業務の遂行者

このような分担を考えて見た。
 当然組織の規模によっては、色々な重なりはあるだろう。しかし、機能としてこのようなものがある。特に、経営的な判断による計画と、指揮監督者の計画には、大きな隔たりがある。
 グループリーダーより下の階層は、与えられた条件で、ベストを尽くして仕事をする。一方、経営的責任のある課長は、自分に与えられた権限を上手に使って、必要に応じて条件を変えることもできる。具体的には、人員や機材の調達の権限もある。この権限を駆使して、仕事を遂行しないといけない。
 また、組織を変える権限があるので、自分の理想を作り、その実現に向けて動くことも大切である。計画の権限が課長よりの上の階層の特徴だと思う。

« 学校教育で多様性を認めることが大切 | トップページ | 適当な休みが取れる組織 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 課長の仕事とは:

« 学校教育で多様性を認めることが大切 | トップページ | 適当な休みが取れる組織 »