ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 良い課長とは | トップページ | ケネディ大使の発言を聞いて »

2014年3月 8日 (土)

課長不適格者による被害

 昨日の続きで、不適格者が課長になったときの部下の悲劇を書いてみた。
【無能課長の悲劇】
 課長不適格者が、課長になった場合の悲劇の一つは、会社の経営上の被害も大きいが、将来ある部下を潰すことである。
例えば、一つのソフトウエアの生産を、行っている一つの課を考えて見よう。そこの課長が、営業部門から受けた仕事は、何でも受けてくる。そして、発注先を能力評価もせずに自分で勝手に決めて、部下にその仕事の責任を負わせる。
 また、ソフトウエアのドキュメント類を管理する業務も、部下に押し付けたが、そのための倉庫や、設備投資について一切支援しなかった。これは、当人に設備投資という概念が、なかったからである。
 このような課長の部下は、まずトラブルの責任を負わされて、逐次潰されていく。また、無事生き抜いても、課長の業務と言うことを知らない人間となり、将来の出世の道は、閉ざされてしまう。
 また上司の言うことで、直ぐに方針を変える課長などもいる。考える力がないか、考えているものを人に説得できない、人の言っていることを聞こうとしない。こういう人間は、上司に意見を通すことができず、言いなりになることも多い。

【担当者としては有能でも】
 担当者としては有能でも、課長に不適格な人間は多くいる。一つのパターンは、自分が担当者時代にできたことを、部下の皆に強制する課長である。このような課長は、人により、多様な状況があることを理解できない。また、単一的な価値観で仕事をすることも多く評価が偏ることも少なくない。
 また別のパターンでは、課長が仕事を抱え込むことがある。特に、自分が完全に理解できないと決済できないと言うことで、情報展開が遅れたり、他部門に迷惑をかけたりすることもある。

« 良い課長とは | トップページ | ケネディ大使の発言を聞いて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 課長不適格者による被害:

« 良い課長とは | トップページ | ケネディ大使の発言を聞いて »