ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 東芝の機密情報事件について | トップページ | もう一度論文の評価法に関して議論が必要 »

2014年3月14日 (金)

STAP細胞論文問題に関して

 STAP細胞に関する研究に関して、ネイチャーに提出した論文は取り下げるらしい。これに関して、少し思うところがるので書いてみたい。
 まず今回の関係者の話を聞いていると、素人考えでもSTAP細胞ができたのかは、疑問に思われるところがある。今まで見つかっていなかった、自然にできていた万能細胞が、小保方流の抽出作業で、表に出てきたという仮説も可能である。このような仮説に対する反証が、きちんとできていないというのは、まだ研究の未熟性を示している。
 しかし、今回の事件に関しては、マネジメントという観点から、別の対策も見えてくると思う。小保方氏は、実験者としては超一流だったと思う。しかし、文章作成や、そのためのデータ整理などでは、まだ未熟というか、苦手であったのではないかと思う。実験に追われる中で、論文という苦手なものを作成する。この段階で、パニックになったのは、理解できないこともない。
 マネジメントの観点では、このような一部に特徴のある人材に対し、苦手な側面を補うために、チームとして対応することは、基本的な考え方である。
 小保方氏に、しっかりした秘書的役割の人間をつけ、データ整理などを行わせれば、このような負担を軽減できたのではないかと思う。
 今後の研究体制に関して、考えて欲しいものである。

« 東芝の機密情報事件について | トップページ | もう一度論文の評価法に関して議論が必要 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞論文問題に関して:

« 東芝の機密情報事件について | トップページ | もう一度論文の評価法に関して議論が必要 »