ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 小保方晴子さんの会見などに関して(その1) | トップページ | 小保方晴子さんの会見などに関して(その3) »

2014年4月11日 (金)

小保方晴子さんの会見などに関して(その2)

 今朝の朝日新聞のSTAP細胞関係と、理研の対応の記事を見て、色々と見えてくるものがあった。まず、一面の記事は、理研の関係者による、STAP細胞存在説の報道である。
 しかし、この報道を見て、なぜ今かという感じもする。少なくとも、若山教授の論文取り下げ論に対して、この意見を表明しておけば、小保方叩きは、それほどひどくなかったのではと思う。

 実は、この問題に関する答えは、4面にある。理研の「特定国立研究開発法人」指定に関する、安倍首相と野依理事長の目論見が、外れたという記事である。つまり、理研を「特定国立研究法人」に指定するため、今回の論文騒動を、小保方切りで納めろという、政府筋の意向というか、理研幹部の目論見で、事態の鎮静化を図っていた。そのため、関係者には箝口令が引かれていた。
 これは、十分あり得る話だと思う。
 もっと言えば、ネイチャーへの論文投稿も、特定国立研究法人への法案審議に合わせて、無理やりせかせた可能性もある。無理やり書かせて、そこに失敗があったので、トカゲのしっぽで切り捨てる。このような図式が見えてくる。

   

理研の利権のために、一寸見てくれの良い実験天才をもてあそんだ。

 この目論見が外れたので、理研の神戸関係者が、口を開いたのではと思う。
 なお、理研に好意的に見れば、特許申請が完了するまでの時間稼ぎを行っていたという可能性もある。日米の特許戦争は、厳しいものがるので、可能性は少しある。
 後者の方が望ましいが、難しいな。
 やはり日本の研究社会の期待の星は、京都にありそうだ。山中先生頑張ってください。

« 小保方晴子さんの会見などに関して(その1) | トップページ | 小保方晴子さんの会見などに関して(その3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小保方晴子さんの会見などに関して(その2):

» 週刊文春の逃げ方 [勉強の方法補充]
 先ほど出た、週刊文春の編集は、意味深である。相変わらずの小保方叩きが載っている [続きを読む]

« 小保方晴子さんの会見などに関して(その1) | トップページ | 小保方晴子さんの会見などに関して(その3) »