ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« アカポス問題(日本の深い闇論) | トップページ | どうなる理研 »

2014年4月14日 (月)

小保方晴子さんの会見などに関して(その5)

先日の小保方晴子氏の記者会見を見て、個人的な感触であるが、「この人は救われていない」と言うことを感じた。画像の切り貼りは、学会論文としては、重罪である。しかし、なぜこれを行ったか、そしてそれがなぜいけないことであるのか、本人が納得していないように思った。ここで、少しおせっかいであるが、彼女がこのような行動に到った、真の原因について、少し仮説を述べてみたい。

 私は、小保方晴子氏を、追い詰めた最初の事象は、アメリカでの「STAP細胞(?)的事象」の投稿論文拒絶だったと推理する。特に、この時点で、
   「なぜこの論文が拒絶されたか、どう書けば受理されるか。」
と言う指導が行われなかったことが、きっかけだったと思う。私の推測では、「小保方氏は、表現能力の不足、アピール不足で、拒絶されたと理解した」と考えている。このような発想なら、見やすい画像に加工という、最後のシナリオまで行く可能性は大きい。

 さて、この問題で、小保方氏に教えることは、何であろうか。この時点で、以下の観点で指導があれば、少し違った展開になるのではと思う。

  1. 科学者と言えども支配的な理論による先入観で物を見る
  2. 新しい『事実』を提供しても、できるだけ従来方法で解釈しようとする
  3. このため、新しいことを提示するなら、対立する古い理論での矛盾を示さないといけない

 つまり、理研の一部が言っている

STAP細胞を認めないとすると、どうしても従来の理論では説明できない部分がある

ことを考えて、「従来理論ならこの様な現象が起こるはずである。しかしそれは起こらない。」等の、反論の立場を考えた上での再反論を考慮した、論文でないといけない。
 もう少し具体的に言えば、
  「元からマウスに在った、万能性を有する細胞を見つけただけではないか」
等の、『細胞が変化する』という革命より、保守的な研究者が受け入れやすい意見が、しつこく出てくる。これにきちんと反論しないといけない。そのような姿勢が甘かったのが、本当の拒絶理由ではないかと考える。
 しかし、素人考えで申し訳ないが、もし『保守的』な学者の言う、『元からマウスに在った、万能細胞』の発見も、結構画期的な研究成果だと思う。さらに、そのような細胞の抽出技術は、STAP細胞以外にも、他の万能細胞に使える、実用性の高い画期的な技術ではないかと思う。万能細胞の歩留まりを上げることができれば、製品化につなげる効果は大きい。
 この点を考慮したら、STAP細胞の再現実験を、広く行うメリットはあると思う。反証側でも成果が出るなら、美味しい実験ではないだろうか。

« アカポス問題(日本の深い闇論) | トップページ | どうなる理研 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小保方晴子さんの会見などに関して(その5):

« アカポス問題(日本の深い闇論) | トップページ | どうなる理研 »