ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« どうなる理研 | トップページ | 良いレポートとは? »

2014年4月16日 (水)

良い論文とは?

 昨日のニュースで、大阪大学が新入生に対して、『アカデミック・ライティング』の指導書を配布したと報じていた。
 この話は、STAP細胞論文問題などとも関連して、大学生のモラルの問題として、教えるべきことであろう。
 しかし話をこれだけにとどめてよいのだろうか?
 本当の、大学の価値について、もっと深い議論を行い、それを学生や一般社会にも理解してもらう努力、これが大学に必要ではないかと思う。
 確かに、コピペでは、本人の実力の向上につながらないので、レポートにコピペはいけない。
 これは、お説ごもっともである。しかし、大学の付加価値と言う観点で、もう少し踏み込んでほしい。例えば、某大学にあったように、医学部の人間が、患者のデータを集めるのに、製薬会社の人間にさせた。これは何がいけないのか?製薬会社の人間ではなくて、無関係の人間なら、かまわないのか?
 もう一つ、関連して、その薬品の効果を検証するのに、統計的処理を製薬会社にやらせた。その結果は、全部時分の言葉に書きなおして発表した。これは、コピペではないが、どの程度の罪になると思う。
 さてこれが、統計処理を専門に計算する期間へ、守秘義務をきちんと守った上での発注なら、許されるのであろうか?
 統計処理を、外部に委託しても、その結果に対する考察を自分で行い、オリジナリティがあればよいと思うか?それをどう皆に説得できるか?
 このような問題を、きちんと皆に教えて欲しいものである。

« どうなる理研 | トップページ | 良いレポートとは? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良い論文とは?:

« どうなる理研 | トップページ | 良いレポートとは? »