ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 部下の失敗に対する言い方(笹井・若山比較) | トップページ | 犯罪と言うなら »

2014年4月19日 (土)

コピペは『犯罪』か

 今回のSTAP細胞論文事件に関連して、小保方晴子さんを『詐欺師』などと、犯罪者扱いする書き込みが散見される。このブログにもそのようなコメントを書いた人がいる。この話に関して、人格攻撃と言う見方もあるが、もう一つの切り口で考えて見た。
 先日も、大学の入学式で、「コピペはダメです。」と説明している所があった。さて、そこで一つの言い方は、
  「コピペは犯罪です。」
という表現である。確かに著作権を犯している。そして科学者の倫理にも違反している。
 しかし、一般人の『犯罪』という重さとの間隔は、少しあるように思う。
 このように、『犯罪』と言う、重い言葉で脅し、強制するのではなく、

  1. コピペでは実力が身につかない
  2. 学生時代の身につけた力は一生役立つ
  3. 特に就活で有利になる

などの、説得し納得させる話が必要ではないかと思う。
 社会学や政治学で、「刑罰による統治より、納得による統治が優れている。」と教えている大学で、このような罰則で学生を押さえるのは、おかしいのではないかと思う。
 なお、この様に、『犯罪』という言葉を軽々しく使うから、
  「マックスヴェーバーの犯罪」
等と言う変な本が世の中に出てくると思う。
 http://www.econ.hokudai.ac.jp/~hasimoto/Max%20Weber%20Dabate.htm

« 部下の失敗に対する言い方(笹井・若山比較) | トップページ | 犯罪と言うなら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コピペは『犯罪』か:

» 視野を広げると言うことについて [勉強の方法補充]
 先日から、一般システム思考に関して、少し考えている。  一般システム思考の、一 [続きを読む]

» 大学人の説得力について [勉強の方法補充]
 今朝の朝日新聞を見ると、大学の学長に権威を集中することの議論が出ていた。  学 [続きを読む]

« 部下の失敗に対する言い方(笹井・若山比較) | トップページ | 犯罪と言うなら »