ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 中堅を追い詰める国 | トップページ | 文系と理系の失敗の違いについて »

2014年5月 7日 (水)

韓国の危機について

 船の沈没や、地下鉄の衝突など、韓国で色々な事故が続いている。これに対する、政府の対応も悪く、首相が辞職するという状況になっている。
 このように事故が多発するときは、色々な要因があると思う。しかし、その要因に目をつぶったり、一つの要因を強調したりして、本質を追求しないでおくともっと悪くなる。さらに、今起きている、他の悪いことにまで、目が向かなくなる。
 例えば、韓国では北朝鮮?無人偵察機の残骸が、大統領府の近所で見つかっている。この偵察機、どう見ても日本のラジコンマニアが作るレベルの飛行機である。これが国境を越えて、飛んできたとしたら、北朝鮮のコントロールプログラム作成能力は大したものである。しかしもう一つの可能性もある。これは韓国国内の、北朝鮮の工作員が飛ばしたものである。これも、十分あり得る話である。しかし、韓国政府は、この可能性については、一向に触れようとしない。確かにスパイ対策にかんしては、何でもかんでも情報公開はあり得ない。
 しかしながら、沈没事故の対応などを見ても、韓国政府はなぜか、一つの悪者を決めたらそこに集中して話しを持っていこうとしている。本質から目をそらし、国民をごまかそうとしている感じすらする。このようなやり方で、韓国は大丈夫なのだろうか。

 なお、韓国のこの様な体質は、今に始まったことではない。井沢元彦氏の議論に、色々なヒントがあるが、儒教的世界、特に朱子学の世界では、自分たちの思い込み通りに世界は動くという、信仰がある。そして、それができない時には、何か一つの悪役を決めてそれを原因とする。このような発想があるのではないかと思う。

 この発想は、もう少し一般化すると、教科書的世界観を、絶対的なモノと思い込んでしまう。そしてそれが外れたら、一部の例外的なものと考え、適当な悪役を見つけて、すべての原因としてしまう。このような発想は、わが国にもあるように思う。

 現実の多様性と向き合うことが、真の原因を見出すために大切だと思う。

« 中堅を追い詰める国 | トップページ | 文系と理系の失敗の違いについて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の危機について:

» 教科書通りでない時の責任をどこに押し付けるか [勉強の方法補充]
 前に、韓国の沈没船事故対応について書いた。 http://manabizz.c [続きを読む]

« 中堅を追い詰める国 | トップページ | 文系と理系の失敗の違いについて »