ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« ネット社会の弊害 | トップページ | 中堅を追い詰める国 »

2014年5月 5日 (月)

減点主義が国を滅ぼす

 今朝の新聞を見たら、理研が全研究者の論文に関して、不正がないか見直すという記事が載っていた。確かに、現在の『空気』を見れば、そのような対応も必要かもしれない。
  「罪なき者は石を投げろ」
という原則を教えることも重要だろう。
 もっとも理研内部で教育するなら、
  「論文の共著者になる心構え」
の教育が一番大切だろう。私は、「STAP細胞論文」は取り下げないといけないという考えに、ある意味同意する。但し、理由は、
  「論文の中身を見たことがないと公言するような人間を共著者にした。」
と言う点である。このような、共著者ともいえない人間の名前の載っている論文の取り下げは、当たり前ではないかと思う。もっともこれを一度行った後、少なくとも理研の発表した論文を、ネイチャーが今後受け付けるかどうかは、別問題がある。

 さて、話を戻して、理研が本当にやるべきことは、早急に小保方さんを呼び戻して、STAP細胞の再現実験を行い、データを公開することであろう。論文の体裁で議論することでなく、事実を公開することで、世の中の評価を得るべきだと思う。
 論文形式のミスと言う形で、減点法でばかり議論していると、本当に出た成果の刈取りに失敗する。加点主義で、良いモノを吸収する。これが重要ではないかと思う。

 どこやらの国の副総理は、国賓が来ている最中に、
   「大統領は決める力がない」
等と言う、外交上の大失言をした。しかし、本質をついているので、加点主義なら、国民は納得する向きもある。加点主義が、この国を救うのではないかと思う。

« ネット社会の弊害 | トップページ | 中堅を追い詰める国 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 減点主義が国を滅ぼす:

« ネット社会の弊害 | トップページ | 中堅を追い詰める国 »