ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 哲学の位置づけ | トップページ | STAP細胞をめぐる若山―小保方発表について »

2014年6月18日 (水)

設計作業などを理解するために

 前にも書いたが、このブログの人気記事の一つが、「研究と開発の違い」である。
 この記事は、本来はメーカーなどの経営的な立場で、研究の有効活用について考えてもらうために書いたものである。
 しかしながら、結構大学からのアクセスもあるので、就活生が企業における『開発』業務を知りたがっているのでhないかと思った。
 そう言えば私が就職する前も、企業の中身を全く理解していなかった。
 そこで、受注対応の個別生産を例にとり、生産の流れの中で、企業における技術者の仕事を整理してみた。
 http://manabizz.c.ooco.jp/SeiSan.pdf
 就活者の参考になれば幸いである。
 これで興味があれば、私の就活用のHPを活用してほしい。
 http://manabizz.c.ooco.jp/new/?page_id=61

« 哲学の位置づけ | トップページ | STAP細胞をめぐる若山―小保方発表について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 設計作業などを理解するために:

» 開発と研究の違い [勉強の方法補充]
 理系の就職志望者の中には、「研究・開発」を行いたいと言う人が、多くいる。しかし [続きを読む]

« 哲学の位置づけ | トップページ | STAP細胞をめぐる若山―小保方発表について »