ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 色々な事件の真の原因はどこにあるのか | トップページ | 研究と開発におけるマネージメント(国策としての共同研究) »

2014年6月 5日 (木)

STAP細胞研究に関して(負け方の美学)

 STAP細胞に関しては、論文取り下げの方向で話がまとまりそうである。一方、下村文部科学大臣の政治的指導なども含めて、小保方さんを参加させた形での、再現実験が行われる見通しがたった。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140605-00000014-nnn-soci
 私は、今回の文部科学大臣の発言は、遅いという感じもあるが、適切なものであると思う。
 このブログで前から書いているが、特に日本の研究者倫理は、変な厳罰主義になっている。どこかで指摘していたが、今回のように未熟な研究者が、許されない論文投稿を行い、それが採択されるという事態は考えていなかった。
 どちらかと言うと、日本の研究者倫理が追求し、想定した犯罪は、

某大学の大教授が、某医薬品メーカーに研究データをつくらせ、その結果を自分たちの研究として発表し、該当メーカーの薬品の効果を公的に認証させた。

と言う風な、大物がらみの確信犯的捏造が主目的であった。
 しかし、今回の画像加工は、まだ論文の書き方も習熟していない、いわば『少年法』を適用すべき事態である。確かに、連名にはそうそうたる大物がいたので、彼らの責任も免れるものではない。『保護者責任』と言うべきであろう。『少年犯罪』には、社会復帰の道が開かれている。今回も、このような観点での議論も必要であろう。

 さて、小保方晴子氏には、自分の信念に殉じて欲しい。
  「STAP細胞はあります」
この一言を、自分の腕で証明してほしい。研究者としての、地位保全など考えずに、実験に集中し、結果をだす。この後には、色々な道が開けるであろう。

« 色々な事件の真の原因はどこにあるのか | トップページ | 研究と開発におけるマネージメント(国策としての共同研究) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞研究に関して(負け方の美学):

« 色々な事件の真の原因はどこにあるのか | トップページ | 研究と開発におけるマネージメント(国策としての共同研究) »