ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 人が悪いのか、成果が悪いのか(小保方晴子氏叩き) | トップページ | 基礎研究と応用研究 »

2014年8月11日 (月)

夏休みの宿題について

 子供さんの夏休みの宿題は、順調に進んでいるだろうか。
 さて、ここでなぜ宿題をするのか、もう一度考えて欲しいと思う。親がきちんと納得して、子供に説得できない。教師は、権力らしきもので強制するだけ。これで宿題をさせても結局身につかないと思う。
 前に、日記と言う側面でこの話を議論した。
 この段階では体力訓練と言う側面でも触れている。
 http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-9ad9.html

 さて、能力訓練にはもう一つ大切なものがある。それはスキル訓練である。
 知識と違いスキルは、繰り返し訓練して身につけるものである。例えば、算数や数学の計算問題を、何度も繰り返す。こうした繰り返しで身につくものがある。これがスキルである。
 このようなスキル訓練をしておくことは、成長してからも他のスキルを身につけるために、応用が利くようになる。
 子供の時の繰り返し訓練が、成長してから大きく役に立つことを知ってほしい。
 このような地力があれば、就活も楽にできるであろう。

なお関連情報を1枚にまとめたので見て欲しい。

 http://manabizz.c.ooco.jp/BenkyouImi.pdf

« 人が悪いのか、成果が悪いのか(小保方晴子氏叩き) | トップページ | 基礎研究と応用研究 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの宿題について:

« 人が悪いのか、成果が悪いのか(小保方晴子氏叩き) | トップページ | 基礎研究と応用研究 »