ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 会社での発言能力について | トップページ | 本屋に行くと言うこと »

2014年11月 6日 (木)

EXCELが使えると言うことについて

 求人欄に、
   「word,excelが使えること」
と言う記述を時々見る。

 この一言には、色々な意味が込められている。そして、求人側と求職側のミスマッチが、発生する。例えば、EXCELに関して言えば、簡単な表を作ることで、求職側はEXCELが使えるといいたいだろう。数日の講習で、関数の初歩を習い、自動的にカレンダーを作ることを覚えてきた。ここまで来ると、表計算の方法まで知っていると言うことになる。

 しかし、求人側のEXCELに関するイメージは、だいぶ違っていることがある。全部とは言わないが、一部の求職側のEXCELのイメージは、表計算の枠を作って、その上で色々な数値を入れて、シミュレーションを行った、提案書のレベルを求めている。

 この両者のミスマッチが、仕事上での苦労などにつながってくる。働く側は、無理な要求のブラック企業と言うし、雇った側は、期待通りの能力がない、という話になる。

 この話、技術の進歩で、一見作業のハードルは下がったが、実質の思考力が必要と言うことは残っているという事態で、他にも多く起こっていると思う。

« 会社での発言能力について | トップページ | 本屋に行くと言うこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EXCELが使えると言うことについて:

« 会社での発言能力について | トップページ | 本屋に行くと言うこと »