ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 格差が悪いのか? | トップページ | 答えだけ出しても何の効果があるのか »

2014年12月 1日 (月)

就活成功のために

 近頃、電車の中でリクルートスーツ姿をまた見るようになった。そこで一つ、思い出したことがある。
 昔、私が会社に入ったとき、
  1+1→2以上
と出来る人が必要と言う話を聞いた。悲しいことに現実では
  1+1→2未満
どころか1未満と言うことも少なくない。つまり、手伝うどころか、足を引っ張る人間が少なくないのである。確かに、このような手間が将来のための育成投資になるなら、まだ我慢ができる。しかしながら、このような投資の価値を感じさせるか?これが問題となる。
 そこで、大切なことは、人の言うことを聞いて、成長する人間かどうかの見極めである。これは難しいものがあるが、一つの切り口としては、前にあった時より成長しているか、という判断である。就活において、採用側と学生が何度も接触すると思う。その時、前にあった時より、何か成長しているという子には、期待が持てる。
 一方、この逆に、内定を得たとたんに、気を緩めて、がっかりさせるような子もいる。毎日の反省、そして改善ができる子が、求められている人材の一つのパターンだと思う。
 なお、総合職と一般職では、採用のための着眼が違っている。総合職では、自分の考えも持たないといけない。但し、それに固執してはいけない。自分の考えを持ち、それを成長させる、このような面が必要である。
 一方、一般職は、仕事の補助を行った時、効果的に動くことが必要である。補助に回った時、相手のことを尊敬し、思いやりながら、できることを着実に進める。このような姿勢が必要ではないかと思う。

« 格差が悪いのか? | トップページ | 答えだけ出しても何の効果があるのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 就活成功のために:

« 格差が悪いのか? | トップページ | 答えだけ出しても何の効果があるのか »