ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 忘年会シーズンで考えた(このブログの役割) | トップページ | 出来る人は良いがそれだけで済ませる問題ではない »

2014年12月25日 (木)

メンターの必要性について

 仕事の上で、『メンター』の重要性などと言うことを聞くことがある。しかし、このメンターというものは、無理に持たせるものとしては、色々な疑問がある。
 まず、メンター制度の主旨は、自立して行動している人間に対して、メンターが上位の立場から、助言や支援を与えてより一層の成長を図るという趣旨である。そこで、このような能力のある上位者が、どれほど存在するかという問題が一つある。一方、支援を受ける立場の人間も、本当に自立しているかという問題がある。
 私が、新入社員を見た経験では、残念ながら今の大卒(院卒)が、一人前とはとても言い難いことが多い。そこでとりあえず、会社の形にはめる必要がある。評論家先生には、「個性重視」などと曰う方もいるが、その前にとりあえず、トラブルを起こさないように、マナーなど最低限の形を作る必要を感じる。
 これは、教科書的に教えて伝えるのは、非常に難しい。確かにできている人もいる。しかし多くはできていない。そこで手っ取り早く育成するには、2~3年程度の先輩で、比較的よさそうな人の行動をまねさせる方式である。「先輩の背中を見て育つ」と言う形式である。
 この段階で効果が出すぎると、行動もまねる、手書きの文字までまねるようになる。これが個性を殺す可能性もあるが、指示待ちの新人たちを、自立させるには、自立している人間をまねさせるの、手早い方法である。
 このような段階を卒業した上で、本来の助言と対話を行うメンター制度にすべきではないかと思う。そして、この様な段階では、メンターは自主的に選ぶものであり、制度として作るものかという疑問が残る。必要な出会いでのメンターは有効だが、そのような成立は珍しいものが有る。

« 忘年会シーズンで考えた(このブログの役割) | トップページ | 出来る人は良いがそれだけで済ませる問題ではない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メンターの必要性について:

« 忘年会シーズンで考えた(このブログの役割) | トップページ | 出来る人は良いがそれだけで済ませる問題ではない »