ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 細部の検討は学んでも総合的な視点での調和は学べない | トップページ | 論理的な思考法について »

2015年10月14日 (水)

34万アクセスの御礼

 今朝アクセス数を確認したら、34万を超えていた。33万を超えたのが5月31日だったので、約五か月で1万のアクセスである。読者の皆様に感謝したい。ここは通過点であり、次の35万の節目を目標に頑張っていきたい。
 また、投稿数数も4600件を超えた。10年ほど書き続けた結果が、このように積もった。
 このブログは、10年前に書き始めたが、当時は「勉強の方法」と言うホームページを作っていて、そこに書く内容を補充するつもりで書きだした。当時は会社勤めのため、帰宅後のノルマとして、毎日1件の記事を書くように努めたが、テーマを見つけるのに苦労したこともあった。しかし、毎日書くようになってから、色々と思いつくこともあったし、今までの知識が整理されたり、他の分野とつながったりして、今では書く内容にはそれほど困らなくなった。「継続は力なり」を実感している。
 さて、このブログの人気ページを見ると、

  1. 正社員登用についてまとめ
  2. 開発と研究の違い
  3. 『FTA』と『なぜなぜ分析』
  4. 図と絵の違い

と言う感じである。「正社員登用」は、時代の要請にもあっていたが、私は自分の部下を、契約社員から正社員に推薦し、登用試験を有主な成績で合格させた実体験がある。これが力を示したのではないかと思う。2番目の、「開発と研究の違い」に関しても、昔開発の管理を行った経験から、実際に議論した内容を踏まえている。但し、この記事に関しては、就活の学生たちが、企業の内容を知りたくて見に来ていることも少なくない。
そのような学生さん達には、本当は以下のHPを見て欲しいと思う。http://manabizz.c.ooco.jp/new/?page_id=58

 なお、FTAとなぜなぜ分析に関しては、業務上の必要での検索らしい。このような、縁からこのブログを時々でも見に来てもらえれば幸いである。

« 細部の検討は学んでも総合的な視点での調和は学べない | トップページ | 論理的な思考法について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 34万アクセスの御礼:

« 細部の検討は学んでも総合的な視点での調和は学べない | トップページ | 論理的な思考法について »