ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 幾何学を学ぶ意味 | トップページ | 突き詰めた後での表現不能? »

2015年11月13日 (金)

人材と意識の多様化における企業の管理は?

 先日の記事に、Inoue氏から「東大話法」と「立場主義」について指摘いただいた。
 この話で、私は『立場』と言う観点では、もう少し上の『本当の管理職』と言う立場を考えるべきと思う。
 丁度、総理の『一億総活躍社会』というスローガンがある。これを実現するためには、従来の会社に就社して、一生仕える正社員だけの管理から、多様な人材を管理する、本当の意味の管理職が必要になる。
http://manabizz.c.ooco.jp/tayoukannrishoku.pdf
 この場合、『立場』に物を言わせるのではなく、きちんとした理詰めでの人材管理が必要になる。
 このため、本当の総合職・管理職が必要になると思う。

« 幾何学を学ぶ意味 | トップページ | 突き詰めた後での表現不能? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人材と意識の多様化における企業の管理は?:

» テイラーをもう一度見直す [勉強の方法補充]
 先日書いた、多様化に対応する管理職について、もう少し考えてみたい。 http: [続きを読む]

« 幾何学を学ぶ意味 | トップページ | 突き詰めた後での表現不能? »