ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 事実の扱いについて | トップページ | 均一的な学校生活の体験の意味するもの »

2015年11月29日 (日)

大阪ダブル選挙の敗因

 大阪府知事選挙は維新の圧勝、大阪市長選挙も維新の勝利と言う形になった。しかし、この選挙は、
  「維新が勝ったのではなく、自民党が負けた」
と言うべきではないかと思う。もう少し言えば、
  「大阪市の職員が負けた」
と言うべきかもしれない。
 どこかで見たが、
  「都構想に反対するように、関係者から説得を受けた。
   そこで反対した。しかし反対が勝ったら職員が威張りだした。」
と言う記事があった。これと同様に、
  「自民・共産の相乗り候補などが通れば、今までの改革が戻ってしまう。」
という声も聞こえた。
 そう言えば、小泉首相時代の郵便局の職員と、その後の職員のそっくり返り方が違った経験もある。
 このような状況を見て、自民党候補拒否が出たのではないかと思う。
 さらに言えば、自民党は公明依存で、地道な選挙の努力など忘れてしまったらしい。さらに官僚頼りでまともな政策提案もできない。これでは維新に負けるのは当然かもしれない。

« 事実の扱いについて | トップページ | 均一的な学校生活の体験の意味するもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪ダブル選挙の敗因:

« 事実の扱いについて | トップページ | 均一的な学校生活の体験の意味するもの »