ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 発言の仕方について | トップページ | 人材不足の状況に関して深読み »

2015年12月 2日 (水)

多様な者を活用するための管理者・総合職の処遇について

 今回の一億総活躍と言う話には、多様な人材活用が必須となる。これを実現するためには、管理者や監督者、そうしてそれを支えるスタッフ部門の負荷が大きなものとなる。業務を分析し、個々人の能力や都合を考慮しながら当てはめていく。状況によっては引継ぎができるように、情報共有の仕組みやつなぎも行わないといけない。
 さらに言えば、このような多様化した人財を生かすために、現在の職場の在り方をどう変えるか、その全体像を描くことができるか?このような能力が、本当の総合職と、周囲に言わせるためには、必要になってくる。
 単に大学卒業し、内定を得たから、「総合職」である、と言う議論は通用しなくなると思う。一方、本当の総合職の能力を示すものは、多くの人の雇用を創出する功績をもって、しかるべき処遇をしないといけない。
 このような本当に働いている人間には、高度の処遇で報いる。これを周囲の人間も認めないといけない。横並び意識で、このような人財の足を引っ張る。これが今までを少なからず見かけた現象である。もっと悪く言えば、部下の能力を見抜けず、自分より上の力を出す部下を潰した管理職も少なからずいた。
 このような、人罪が横行しないようにする。これが一億総活躍の条件ではないかと思う。

« 発言の仕方について | トップページ | 人材不足の状況に関して深読み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多様な者を活用するための管理者・総合職の処遇について:

« 発言の仕方について | トップページ | 人材不足の状況に関して深読み »