ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 日本的な論理思考は仏教に学ぶ | トップページ | 日本人の議論能力について »

2016年1月 5日 (火)

朝日新聞を見て思うこと

 日韓の慰安婦問題に関する交渉が、政府間で決着した。このことに関しては、現状ではよかったと思う。
 しかしよく考えてみれば、この問題をこじらせたマスメディアなどの反省が聞こえてこない。韓国では、「挺身隊」という言い方をしているが、この用語は朝日新聞の捏造記事に責任が大きい。本来の挺身隊活動と、慰安婦問題の混同などが、解決をこじらせたこと、朝日新聞の反省の記事が見えてこないのは、私の目が悪いからであろうか。
 もう一つ言えば、慰安婦の立場に立つといっていながら、賠償金受け取りなどのハードルを上げ、結局彼女たちの暮らしについては、役立たない動きもあった。このようなことに関してもきちんと検証すべきだと思う。
 また別の見方をすれば、安保法制の時にには、自民党内の意見の多様化を求めるとぐずぐず言っていたが、今回は反対意見を抑圧しているように思う。このようなご都合主義の報道に関しても、どこかで読者の離反を招くと思う。
 もう少し突っ込めば、靖国神社のテロに関しても、きちんとした報道が必要である。少なくとも火薬を持ち込ませた、韓国政府の責任はきちんと追及すべきである。空港などのチェック体制の無能なのか、反日無罪の一環なのか、これはきちんと検証すべきである。状況によっては、テロ支援国家ということに国際的にもPRすべきである。
 これと関連して、韓国領事館へ日本の誰かが、汚物を送り付けたという記事があった。これは、外国公館への侮辱として、きちんと報道すべきである。しかし、韓国内の日本外交関係に対しての、このような行動はあるという話も聞く。それが報道されていないなら、これも問題である。
 考えてみれば、一時期の日本のマスメディアは、韓国の軍事政権批判ばかりで、北朝鮮の方を持ち上げていた。この反省かもしれないが、もう少し韓国に対してきちんとした報道が必要だと思う。

« 日本的な論理思考は仏教に学ぶ | トップページ | 日本人の議論能力について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞を見て思うこと:

« 日本的な論理思考は仏教に学ぶ | トップページ | 日本人の議論能力について »