ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 日本人の議論能力について | トップページ | 民主主義の普及と総合職ということ »

2016年1月 7日 (木)

北朝鮮への対応について

 北朝鮮が、彼らの主張による「水爆」の実験を行った。これが水爆かどうかは、非常に疑わしい。私の感じでは、彼らが水爆実験の予定で行ったが、実質は起爆装置のプルトニウム原爆の爆発だけだった、とのレベルだと思う。あの国では、軌道に乗らない、人工衛星でも、「ミサイルではなく人工衛星の打ち上げ」と主張する。
 さて、ここで彼らが「水爆実験」にこだわる理由について、少し考えてみたい。
 私の仮説は、昨年度に中国を訪問した使節団が、北朝鮮の水爆保有について、中国から否定されたことが、今回の実験の引き金だと思う。核保有国、特に水爆保有国は、国際社会での発言力が違うと、北朝鮮の指導者は思い込んでいる。そして、自分たちの国が、大国扱いされたいと望んでいる。それが、「親密な国である中国」にすら否定された。このことで怒りに燃えて、「水爆実験」を行った。
 これは、テロリストの行動において、一般に発生する事象である。彼らの価値観で、大切と思っているものを否定された。その反動で、テロ行為に向かう。これは、独裁的要素の大きい国家でも同じことである。サウジとイランの間の騒動も、同じ図式に見える。
 このようなテロ的行動に関して、心理面などをきちんと研究する体制が、我が国にも必要だと思う。専守防衛を行うためにも、敵対者の行動を予測することは重要である。話し合えばわかるなどという、お花畑論者のために、このような研究をつぶされることがあってはいかないと思う。

 さて、話は変わるが、今回の北朝鮮の問題には、根本的には、武力解決が必要だと思う。具体的には、特殊部隊による金正恩の排除が有効だと思う。そして、中国が確保している金正男を代わりにすげて、中国の傀儡政権にすることが、まだましな解決では ないかと思う。
 ただし、今回の水爆の件が、金正恩個人のものか、周辺の「空気」が支配しているかで、対策が違ってくる。この部分まで、どこの諜報機関が握っているかが、一つの焦点だと思う。
 もう一歩話を進めて、中国などが北朝鮮に侵攻したとき、比較的スムーズに支配を進めるためには、日本の戦後を見たらよい。彼らは、アメリカ軍の圧倒的な強さによる支配と、民衆の「ギブ ミー チョコレート」という声にこたえる両面で支配した。
 武力支配は、アメリカか中国の範疇になるだろうが、空腹を満たすという、飴の範囲はわが国もそれなりの貢献ができるだろう。

« 日本人の議論能力について | トップページ | 民主主義の普及と総合職ということ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮への対応について:

« 日本人の議論能力について | トップページ | 民主主義の普及と総合職ということ »