ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 自己責任を逃れるためのリーダー責任論はダメ | トップページ | 専門家の活用について »

2016年9月13日 (火)

専門家の意見と責任

 豊洲市場への移転を巡って、建屋の下に盛り土がされていないという状況が明らかになった。
 この話の中に、建築関係者の意見として

「建屋の下には配管などがあり空洞があるのは当たり前である。」

が出ている。これは確かに、ある程度説得力がある話である。
 しかし、よく考えてみると、化学物質による汚染の可能性のある土壌の上に、食品を扱う施設を作るための安全措置として、表面の土を削り、新しい土を盛ることで安全を確保するという、専門家の意見である。つまり、盛り土の厚さは
  「安全確保の必要条件」
であり、これが守られないなら、話は白紙になるはずである。このように考えると、建設業者やそれを認めた東京都の役人たちの責任は重い。
 そして、一番悪いのは、これを隔した体質である。つまり、
  「関係者の多くは『無知蒙昧な愚民』であるから知らせる必要はない。」
という発想だろう。これが民主主義で許されるかどうかは、東京都民が決めるべき問題である。

 さて、私はもう一つ別の問題を提起しておこう。今回の工事では、専門家の出した方針が、完全に無視されている。この件に関して、専門家として活動した人から

  「侮辱された」

との発言は出てこないのだろうか。時間をかけて、答申した。その作業を壊すということは、侮辱であり、怒るべきではないかと思う。
 また逆に、納税者の立場で考えてみよう。このように簡単に無視できるレベルの専門家に、血税を払って検討させる。このこと自体、税金の無駄遣いではないかと思う。無視する答弁書を作らせるために血税を使う、このような事は厳しく監視しないといけない。
 このような議論を考えれば、今回に関連した専門家たちは、東京都を名誉棄損で告訴することも考えるべきではないかと思う。

« 自己責任を逃れるためのリーダー責任論はダメ | トップページ | 専門家の活用について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専門家の意見と責任:

« 自己責任を逃れるためのリーダー責任論はダメ | トップページ | 専門家の活用について »