ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 数学者が求める抽象的表現の厳しさ(定義をきちんとする) | トップページ | 管理職の心得(正社員登用時) »

2017年2月 9日 (木)

正社員登用で試される管理職の役割

 正社員の登用の推薦は、管理職にとって深い意味を持つが、漠然とした理解しかなく、言葉で表すことができない人もいると思う。そこで、管理職はどうあるべきかという観点から、少し書いておきたい。
 まず管理職には、権限と責任があり、一般社員と比べれば、広い視野での判断と行動が必要になる。
 さて、正社員の登用は、どのような権力であるか?この答えは、「人事権」ということですぐに出てくる。正社員に誰を推薦するか、この選択が管理職の手にある。これは大きな権力である。
 しかし、この時どこまで考えているか、これが、本当の管理職となる分かれ目である。

 まず一つ、管理職は経営の一端を担うのだから、会社側の立場で、検討しないといけない。会社の立場で、正社員登用を考えると、これは大きな投資である。人件費の増大、そして終身雇用の発想からは、固定費が増大するということである、それに見合った、将来の回収の見通しが立っているか?このように、時間軸を広げた検討も必要である。これと関連して、正社員登用後の育成計画や、当人の成長可能性の見通しも必要になる。

 一方、登用された当人のことも考えないといけない。正社員ということは、色々な拘束が生じる。その人の将来を、この会社で縛って善いのだろうか?将来その人のためになるのだろうか?そこまで考えての推薦が望ましい。

 また、組織を預かる立場としては、自職場のなかでの公正さや、プライドの保ち方という問題がある。推薦されるべき人であるか、職場の中の大多数が納得するか、これはきちんと検証しないといけない。日本的な年功序列の発想は、いまだ残っている。推薦委も順番的な要素がある。これをきちんとクリアしないといけない。
 逆に、組織全体としては、他部門との比較という問題もある。他部門の方が多く合格した、などと言う情報は、すぐに広がる。その時、自分たちの部門が、軽く見られているという風に、職場内でうわさが出れば、モラルの崩壊につながっていく。このようなプライドの問題も、考慮しないといけない。

« 数学者が求める抽象的表現の厳しさ(定義をきちんとする) | トップページ | 管理職の心得(正社員登用時) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正社員登用で試される管理職の役割:

» 管理職の心得(正社員登用時) [勉強の方法補充]
 昨日書いた、正社員登用の推薦時の管理職の心得について、もう一つ別の面で書いてお [続きを読む]

« 数学者が求める抽象的表現の厳しさ(定義をきちんとする) | トップページ | 管理職の心得(正社員登用時) »