ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 卵と鶏の同時実現には全体像を描くことが有効 | トップページ | 学校社会的発想が企業生活で嫌われる理由 »

2017年3月 8日 (水)

SPIなどの対策について(後で役立つ訓練)

 就活においてSPIなどの対策をする人も多いだろう。一方、
  「対策で数値を上げても何の意味もない」
という意見の人もいるだろう。
 私の考えは以下のとおりである。

  1.SPIなどの効果的な対策法はある
  2.その中には将来的な力として活かせるものもある

それでは、効果的な対策について説明しよう。まず第一の対策は、SPIなどの試験はどのようなモノか知ることである。人間は、予測外のものと遭遇するとどうしても動揺する。そこで、一度対策本などでも「どのようなものか」を知っておくだけでも、心の準備ができる。これは、準備不足で実力が発揮できないより有利である。逆に、SPIを知らないがために、本当の実力を発揮できないでいることで、採用側にも良いものを見出す機会を失わせることになるかもしれない。
 このように考えると、このような適性検査一般の知識を持ち、少し体験することは有効である。なお、この体験は、一般化することができる。未知のものに対する不安を、少しでも経験しておくことで予防することで、実力発揮に役立つことができる。この発想は色々なことで活用できる。
 さて、もう少し踏み込んだ対策は、論理的思考などの問題の対策である。これは、ずばり
  「小学校の算数の文章題を解く訓練をする」
が有効である。なお解き方は、中学の代数的手法でも構わない。ここで身に着ける能力は、出題者の意図を速やかに正確に読み取るスキルである。文章読解と言うと、国語の問題のように思うかもしれないが、実は算数や数学の文章題の趣旨をきちんと読み取れば、かなりの力になる。
 この文章読解力は、後々の仕事でも生かせる。多くメールが来ても、速やかに趣旨理解ができれば、それだけ処理が速くなる。これだけでも会社生活が楽になる。
 このように考えると、単なる試験対策が、自分の生涯の時間活用につながってくる。頑張ってほしい。

« 卵と鶏の同時実現には全体像を描くことが有効 | トップページ | 学校社会的発想が企業生活で嫌われる理由 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SPIなどの対策について(後で役立つ訓練):

» 根本まで踏み込んだ理解は自分のものになる [勉強の方法補充]
 先日書いた、魂の抜けた技法導入の話と、SPIなどの対策の話は、少し深く考えると [続きを読む]

« 卵と鶏の同時実現には全体像を描くことが有効 | トップページ | 学校社会的発想が企業生活で嫌われる理由 »