ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 森友問題で考える賢い行動 | トップページ | 大学の軍事研究について(文系は何をしている) »

2017年4月 5日 (水)

森友問題で考える賢い行動 その2

 昨日は、森友問題を事例にして、真の原因を追究し、一般化するということを議論した。
 http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-6b0f.html
さて、今日は少し方向を変えて、広く総合的に見る効果について、議論しておきたい。
 森友学園の小学校の土地取得や学校認可に関しては、針の穴を通すような作業だと、言う評論家がいる。しかし、本当にそのような精妙なモノだろうか。
 これは、それぞれのお役所の、他を顧みない体質に対して、
   「他所は上手くいっている」
とささやきかけることで、両方を一気に納得させる。これだけだったのではないかと思う。
 確かに、土地の処分に関しては、財務局側にもいろいろな思惑があったらしい。これをうまく利用した可能性はあるが、本質は広く見て、両方に囁けば、簡単に落ちるというものではないかと思う。
 物事を広く見る。これは横幅だけでなく時間軸でも同じである。
 このように考えると、簡単に解決することも多いと思う。

« 森友問題で考える賢い行動 | トップページ | 大学の軍事研究について(文系は何をしている) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森友問題で考える賢い行動 その2:

« 森友問題で考える賢い行動 | トップページ | 大学の軍事研究について(文系は何をしている) »