ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 作られた「世論」の怖さと弱さ | トップページ | いわゆるエリートとは別の考え »

2017年5月15日 (月)

キャリアコンサルタントとして活動してほしい人

 昨日は、あるご縁で産業カウンセラーの人たちと、お話しする機会あった。
 そこで、一人の方が
   「キャリアの指導も行っているが、これでよいのかと悩む」
という感じの発言をされた。
 私はこれを聞いて
   「貴女のような方こそ、キャリア指導を行って欲しい。」
とお願いした。私の想いの原点は、Yahoo知恵袋の次の問答にある。
 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1176964436
 つまり、自分の仕事を見つけることができなくて、資格だけ取って、キャリア指導をする。
          これでよいのか!
但し、この人に特別なスキルがあるなら話は別である。例えば、茶道・華道を子供のころから習っていて、礼儀作法が身についている。このようなスキルがあれば、キャリア指導の一部では、人にない強みがあるので、キャリア指導ができる可能性がある。

 昨日の話に戻すと、私が彼女に、
   「貴女のような人こそ、キャリア指導を!!」
とというのは、もう一つ深い理由がある。私も、仕事のしかたや、正社員登用について、このブログや関連HPで書いている。しかしながら、就活で失敗したり、正社員登用で失敗したりする人には、少なからず考え方などで、色々と現実の社会に合わない人がいる。このような人には、私の資料だけでは不十分である。
 例えば、「自分の悪いところを認めず、他人のせいにする。」という風な、行動をとる癖が身についているなら、多くの企業では採用しないだろう。そして正社員に登用するなどは、まずないだろう。
 このような人の間違いに気づかせ、自分の良いものを見出しながら、少しづつ変えていく。これは、本当に力のあるカウンセラーが、その人の心に寄り添いながら、導いていくのが一番の早道だと思う。
 昨日、お話しした人たちには、皆そのような力を感じた。そこで改めて言う。

 「貴女こそキャリア指導を行い悩める人を救ってください」

« 作られた「世論」の怖さと弱さ | トップページ | いわゆるエリートとは別の考え »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャリアコンサルタントとして活動してほしい人:

« 作られた「世論」の怖さと弱さ | トップページ | いわゆるエリートとは別の考え »