ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 41万アクセスの御礼 | トップページ | 個人の心が広く公開されるネット社会の変化 »

2017年5月27日 (土)

本来の勝負をできないから揚げ足取りになる

 加計学園の問題で、前の文部科学省事務次官が、色々言っている。そして、野党の一部がそれに乗って騒いでいる。
 しかし、この前次官は、「天下り問題」で辞めさせられた人間ではないか。そして、本来野党が追及すべき問題は、文部科学省を中心とした、官僚の天下り問題ではないか?つまり、文部科学省を含む、多くの官僚の天下り問題は、税金の無駄遣いという側面があり、国会でしっかり追及すべき問題だった。
 しかし、民進党などの一部野党と、朝日新聞などの一部メディアは、安倍首相個人への攻撃ばかりに注力し、天下り問題に関する追及がおろそかになっている。

 この現象を、もう少し一般化して考えて見よう。今回の民進党などの行動は

本来行うべき競争である、政策論議ではなく、相手への個人攻撃に注力している。理由は、相手を引きずりおろせば、自分が権力を握れると思っているからである。

という発想があるように思う。しかし、このこと自体が、安倍内閣を支えていることに、民進党の知力では理解が及んでいないようだ。一般大衆の意見には

安倍内閣は気に入らないが、民主党政権時と比べればましだ。
民進党が政権を取ることだけはごめんこうむる。

で、民進党の追及に冷ややかになっている。これが

官僚の天下りに関して、キチンと調べろ。

という追及なら、国民の支持も得ることができただろう。

 さて、先ほどの問題だが、もう少し一般化する。

本来の競争手段で競わず、相手の足を引っ張り、引きずりおろすことで自分の地位を得ようとする。

このような行動が、時々見受けるように思う。
 少し古いが、ベッキーの不倫騒動の時にも、彼女の出演番組を減らす目的の攻撃もあったと漏れ聞く。このように、
  「本来の芸」
で評価すべき舞台から、
  「何かの言いがかりで引きずりおろす」
人種がいることを、知っておかないといけない。そして、そのような動きは、
  「自分の意見を通すために、相手を(社会的に)抹殺する」
という、明治維新依然の発想と同じということである。
 民主主義国家とはどうあるべきか、しっかり考えないといけない。

« 41万アクセスの御礼 | トップページ | 個人の心が広く公開されるネット社会の変化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本来の勝負をできないから揚げ足取りになる:

« 41万アクセスの御礼 | トップページ | 個人の心が広く公開されるネット社会の変化 »