ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 軍事学問にみる明治の教育の歪 | トップページ | 想像力が弱くなるIT技術進化 »

2017年6月10日 (土)

加計学園問題の今後の展開予想

 文部科学省が、加計学園問題に関して、内部の再調査を行うことになった。
 私はこの展開に関して、政権幹部が文部科学省に関して、我慢の限界を超えた結果だと思っている。この後の展開を予想して見ると、以下のようになると思う。

<場面1>
    「政権幹部のご意向」  または  「総理のご意向」
という文章が見つかる。
 ここで野党が騒ぎ出す。

<場面2>
  しかし、発言の文脈が明らかになると
    「文部科学省が岩盤規制で新規大学に強固に反対」
  頭にきた規制改革派が
    「規制緩和は『総理のご意向だ!』」
  と怒鳴りつけたという状況が明らかになる。

  この段階で世論は二つに分かれる。
    「何がなんでも安倍首相が悪い」
    「既得権益文部省が悪い」

<場面3>
 この段階で、もう一度文部科学省の大学への天下り問題が表に出てくる。
    「文部科学省は自分たちの利権のため大学の岩盤規制を死守した。」
 この段階で、野党も攻撃の矛先を文部科学省に向ける。

このようなシナリオが考えられるのでと思う。

 今まで、森友学園騒動の時も、安倍首相は
  「文部科学省の天下りを追及される方が効いた。」
と言って、文部科学省をかばってきた。
 しかし、今回は前の事務次官が反旗を翻し、更にそれに同調する官僚が出た以上は、もう容赦はないと思う。
 なおこのブログを書くとき、日経BPの以下のページを参考にした。
 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/011000037/060800014/

« 軍事学問にみる明治の教育の歪 | トップページ | 想像力が弱くなるIT技術進化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加計学園問題の今後の展開予想:

» 文科省と朝日新聞の癒着 [勉強の方法補充]
 このブログでひと月ほど前に書いた「加計学園問題の今後の展開予想」 http:/ [続きを読む]

» 加計学園問題について今後の展開予想 [勉強の方法補充]
 今回の加計学園問題に関しては、この後安倍総理の答弁が始まるらしい。 私は6月に [続きを読む]

« 軍事学問にみる明治の教育の歪 | トップページ | 想像力が弱くなるIT技術進化 »