ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 都議会選挙に関してもう少し | トップページ | 日本の歴史を見る時に法律の目で考えてみた »

2017年7月 5日 (水)

文科省と朝日新聞の癒着

 このブログでひと月ほど前に書いた「加計学園問題の今後の展開予想」 http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-f076.html

が、人気の9番目になっている。このブログ内だから、大したことはないが、国会の閉会中審議も絡むので、もう少し書いておきたい。
 前にも書いたが、私はこの問題の本質は
  「文科省の既得権問題」
であり、岩盤規制の問題に対して、内閣府などが切れて、怒鳴りつけた結果と思っている。
 ただし、今回の都議選を見ても、安倍首相に対する、個人攻撃的なものが、一部マスメディアから出ている。

 さて、今回の家計問題は、最後は文科省への攻撃になるだろう。そうでなくても、天下り問題の決着はまだついていない。この問題を蒸し返すと、文科省はかなり痛手を受けるだろう。
 それをさせないために、朝日新聞などは、安倍首相攻撃をしているのではと、少し疑ってしまった。

 この話を、ある退職学校教師にすると、

「文科省と朝日新聞の癒着はすごい。
天声人語の書き写しの『御指導』などは異様なものがある。」

という指摘があった。
 確かに、慰安婦問題がらみの元記者の、大学への天下り問題もあるし、朝日新聞と文科省の癒着による、安倍首相攻撃という、陰謀論も一つあるのではと思う。

« 都議会選挙に関してもう少し | トップページ | 日本の歴史を見る時に法律の目で考えてみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文科省と朝日新聞の癒着:

« 都議会選挙に関してもう少し | トップページ | 日本の歴史を見る時に法律の目で考えてみた »