ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 「逆説の日本史4」に関してもう少し | トップページ | 北朝鮮に対するもう一つの可能性(予言) »

2017年9月13日 (水)

「言霊」の国の成立条件

 昨日書いた、「言霊」の話について、もう少し別の面から議論してみたい。
 江戸時代の寺子屋普及などの前には、日本人の教育は、せいぜい寺や神社での、僧侶や神官の話を聞く機会が主体であった。
 そのような状況を見ると、
  「言葉の力」
というものを多くの人は感じていたと思う。言葉により思考する力、これは当時の一般人にとって、ある程度当たる予言であり、崇拝すべきものとなっている。
 つまり、信仰の裏付けとして、納得できる説明や、当たる予言という力がある。現在は、科学というもう少し当たる予言があるので、信仰の力は弱くなっているが、平安時代なら、僧侶たちの智慧というものは一般人以上のものがあり、崇拝される自然な理由があった。結果を出す宗教というものほど強いものはない。当時の説明力や予言力は、現在と比べればかなり弱いものである。しかし、何回かに一回でも的中したらそれで信じる人は出てくる。
 さて、ここで日本という国の、固有の問題を考えてみよう。海峡を隔てた向こうには、中国という文明国がある。そこから、先進文化というものが流入してくれが、限られたチャンネルであり、特権階級しかそれに触れることは難しかった。
 そこでは、言葉を使う力、記述する力というものが、独立して崇拝対象になっていく。
 一方、政治を行う立場では、言葉でうまく記述するモノだけで考えるようになっていく。これが、井沢流の「言霊」になっていく。難しいもの、触れたくないものを無いようにしていく。このようにして、自分だけの世界を作っていく。
 考えてみれば、戦後日本の「平和憲法」による国づくりは、まさしく「言霊」の成果だろう。戦争放棄という理念を、言葉の力で実現した。しかしその裏で、
 「北朝鮮による拉致被害者を見ないようにした」
現実があったことを忘れてはいけない。悪いことを無視すれば、理想世界の構築はできるかもしれない。しかし、トラブル対応ができず、壊れていく世界を作ることにもなる。

« 「逆説の日本史4」に関してもう少し | トップページ | 北朝鮮に対するもう一つの可能性(予言) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「言霊」の国の成立条件:

« 「逆説の日本史4」に関してもう少し | トップページ | 北朝鮮に対するもう一つの可能性(予言) »