ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 働き方の改革をするためには教育の見直しが大切 | トップページ | なぜ戦前の日本は大陸に進出しようとしたのか »

2017年9月19日 (火)

北朝鮮に対する対応について(安倍首相への提案その2)

 先日、北朝鮮に対する解決には、中国を利害関係で動かすべきという話を書いた。
 http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-e521.html
 そこでもう一つ、ロシアの利害について提案したい。

 それは、ずばり
   「金正恩一族のロシア亡命」
である。
 中国に関しては、民主化や民族自決のドミノの危険性と、金正男暗殺で面子をつぶされた経緯があるから、金正恩を受け入れる可能性はない。しかし、ロシアなら、金正恩の隠し財産の一部を差し出すから、受け入れろというなら、受け入れる可能性はある。
 戦争回避のためには、金正恩のロシアへの亡命、そのあと中国から金正男の一族を連れてきて「まだ話の出来る政権」を作る。
 この政権は、中国の傘の下に入るので、独自の核は不要になる。
 また、今までの政権とは、継続性が少ないので、拉致問題の解決もやりやすい。
 そのような状況になれば、日本も少しは経済支援ができる。
 このような落としどころはいかがであろうか。

 特に、ロシアのメリットを、きちんと考えて、動かすことが大事である。
 日本はアメリカの御用聞きではない。

« 働き方の改革をするためには教育の見直しが大切 | トップページ | なぜ戦前の日本は大陸に進出しようとしたのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮に対する対応について(安倍首相への提案その2):

« 働き方の改革をするためには教育の見直しが大切 | トップページ | なぜ戦前の日本は大陸に進出しようとしたのか »