ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 日本のマスメディアの信頼について | トップページ | 私の考えた「2017年問題」の反省 »

2017年12月17日 (日)

日本の学校教育が権威を保った理由

 昨日書いた、日本のマスメディアの信頼について、もう一つ書いておくべきことがある。それは学校教育の問題である。敗戦時にGHQの指示というか、日本政府や各レベルの『忖度』により、教科書の墨塗りが行われ、教師たちは
  「立派な兵隊さんになって、お国のために死んで来い」
と生徒を送り出していたのが
  「マッカーサー万歳、日本の軍部は悪い」
という手のひら返しを演じていた。普通の神経なら、このような教師の教えに、従う生徒がいることが不思議である。それでも、現在の日本という国は、学校教育への適合度が、非常に高い国になっている。もう少し言えば、学校教育に過剰適応し、学校社会で排斥されると、一生が狂わされるような世界になっている。
 ここまで、学校教育の権威が高い社会はどうしてできたのだろう?
 さて、もう一度戦後の社会を振り返ってみよう。実は、「お国のために~」から「マッカーサー万歳~」に手のひら返しをした人間は、日本国中いたるところにいた。一例を取れば、戦時中には東条英機の家族に、弱腰だという手紙が多数送られてきたらしいが、戦後には東条英機の孫あたりまで、
  「お前の一族のために我々は不幸になった」
と糾弾するようになっていた。
 これを考えると、教師のことを責めると、自分にも帰りそうで、追及できないという事情は分かる。
 さて、このような手のひら返しと、学校社会への過剰適応は、どのようにして行われたのだろう。私の理解では、日本の学校教育は
  「理想ではなく利益のために皆が受けた」
という点にあると思う。つまり、
  「教育を受ければ得をする。受けないと損をする。」
という観点で動機づけが行われた。これは明治の対西洋文明で
  「知らない人間が馬鹿にされる」
という体験が、根底にある。
 そして、戦後は、
  「学歴による出世」
という話が広がり、これを偏差値という数値化したもので、一般化していく。このような仕組みが、今の世の中を作ったのだと思う。

« 日本のマスメディアの信頼について | トップページ | 私の考えた「2017年問題」の反省 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の学校教育が権威を保った理由:

« 日本のマスメディアの信頼について | トップページ | 私の考えた「2017年問題」の反省 »