ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 信越線の雪の事故について(なぜ応援を求めない) | トップページ | 感想文でも論理的な文章に対しては正解がある »

2018年1月14日 (日)

感想文が書けない理由について

 働き方改革については、私も会社生活で、社員のスキル訓練などを見てきた経験から、色々と提案できるものがある。
 その中でも大事なものは、報告書の作成力である。もっと言えば文章の作成力である。必要な文書を速やかに作成する力、これがあれば勤務時間の短縮はかなり可能ではないかと思う。
 さて、このような文章作成力は、まだ身についているとは思えない人が多い。確かに、ブログやツイッターを通じて、書くことに抵抗が少なくなってきた。しかしまとまった文書の作成には。多くの時間を費やしているように思う。
 
 このような状況になった理由は、文書作成に関する恐怖というか、拒絶反応があるように思う。その一つの理由は、子供のころからある、『読書感想文』に関する、あまり楽しくない経験があるように思う。
 『読書感想文』の問題点は、
「自由に書けと言われて、書いたがそれではいけないと直される」
経験が一つである。
 この理由は、ちくま文庫の「文章読本さん江」に詳しく乗っている。つまり、
「作文指導の手段として、主題を絞るために『読書感想』なので、教師にとって正解が存在する作文である。しかし建前として、『自由に感想をかけ』『自分の感動を正直に書け』となっている」
という建前と、実態の乖離があり、そこで『正解』を感じることができない子が、心を閉ざすようになってしまう。また逆に、『正解』を求めて、人の顔色を窺うようになってしまう。
 こうして、自由な感動というものを抑えていく。これが一つの原因ではないかと思う。

« 信越線の雪の事故について(なぜ応援を求めない) | トップページ | 感想文でも論理的な文章に対しては正解がある »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感想文が書けない理由について:

» 感想文でも論理的な文章に対しては正解がある [勉強の方法補充]
 昨日は、学校の感想文について、自由な感想と言われても、実際は教師の認めることに [続きを読む]

« 信越線の雪の事故について(なぜ応援を求めない) | トップページ | 感想文でも論理的な文章に対しては正解がある »