ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 感想文が書けない理由について | トップページ | レポートとしての感想文が書けない »

2018年1月15日 (月)

感想文でも論理的な文章に対しては正解がある

 昨日は、学校の感想文について、
自由な感想と言われても、実際は教師の認めることに感動をおぼせないといけない
という状況に無理があることを言った。これは、中学までの読書感想文に対しては、特に当てはまる問題だと思う。
 さて、今回はもう少し上の世代、高校や大学のレポートで書く、『感想文』について、少し議論してみたい。レポート課題の一つに
XXのXXを読んで、その内容をまとめて提出せよ
等という形式がある。通常このような課題は、その分野の代表的な古典や、定説である。
 このような、課題に関しては、まずその著書の主張などが、すでに教わっているはずである。そこで、その主張をまず書いて、それをどのように展開しているかを読む。議論の確かさ、例の適切さを評価する、自分が納得したと感動する。または、著者はこう言っているが、自分の経験では当てはまらないものがある。
 このように感じたことを素直に書けば、それが正解になるだろう。
 もう一つ言えば、著者が主張している、論理展開の見事さを味わう。特に、科学であるから、自分の主張に反対するものに関しても、考慮しているか、さらにその反例を説明しているか、このような良さを味わう。
 
 このような、論理的な文章に対する感想文は、正解が比較的見つかりやすい。
 これは大学の初年できちんと教えてほしいものである。そのためには、科学哲学的な教養も必要だと思う。
 

« 感想文が書けない理由について | トップページ | レポートとしての感想文が書けない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感想文でも論理的な文章に対しては正解がある:

« 感想文が書けない理由について | トップページ | レポートとしての感想文が書けない »