ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 「過労死」を防ぐ「働かせ方改革」 | トップページ | 「働き方改革」のためにもう一つ別の切り口 »

2018年2月27日 (火)

「働き方改革」の成功のためには「裁量労働制」への不安解決を

 今回の国会では、「裁量労働制」の拡大に関して、野党が色々と反対している。
 私は、「裁量労働制」の拡大に対する、不安の根本を解決することが、本当の働き方改革だと思う。
 まず私の立場は、
  正しい運用の裁量労働制は働き方の改革につながる
である。ここで正しくない裁量労働制とはどのようなものであるか、考えてみよう。
 多くの人が反対している理由は、
  残業手当削減手段としての裁量労働
である。もう一つは
 丸投げ的な押し付けが増える
という危険性に対する反発である。
 つまり、両者は
  仕事を命じる側が適正な負荷配分を考えていない
という不満が常にあるからである。もう少し言えば
 トラブルが起こっても助けてくれない
という不信感がある。
 このような、管理者・経営者への不信や不安を解消すること、これが本当の働き方の改革になると思う。
 なお、私は裁量労働制の推進は、必要だと思うが、セイフティーネットも必要と思う。そのためには、運用上の問題があれば、駆け込める場所も充実させる必要があると思う。企業内の部門も必要だし、厚労省が労働条件の監視の一面として、行うことも必要ではないかと思う。
 

« 「過労死」を防ぐ「働かせ方改革」 | トップページ | 「働き方改革」のためにもう一つ別の切り口 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「働き方改革」の成功のためには「裁量労働制」への不安解決を:

« 「過労死」を防ぐ「働かせ方改革」 | トップページ | 「働き方改革」のためにもう一つ別の切り口 »