ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« アメリカのロビー活動から学ぶべきこと | トップページ | 現在の常識にとらわれすぎていた(メディア論を学んで) »

2018年2月 3日 (土)

京大の入試問題の不具合対策

 大学入試の不具合問題が、今度は京都大学から報告された。
 このことに対し、大きな疑問は
   「なぜこの時期に?」
である。
 大阪大学が、自らの不適切さを認めたとき
センター試験の前に、被害者の負担を少なくするため
という、きちんとした説明があった。
 今回の京都大学には、すでにセンター試験も終わり、私大の入試も進んでいる時期の発表である。このような時期に発表して、混乱させるということは、受験者のことを考えていないとしか思えない。
 確かに、音の問題に関しては、高校物理の段階と、大学のレベルで大きな違いがあり、答えが分かれる場合もあるだろう。そこで、記述式などで、思考過程を見て、どちらでも正解とするというなら、立派な問題である。従来の京大の入試には、このような思想を感じさせるものもあった。
 しかし、今回の対応を見ると、そのような高邁さはとても感じることはできない。
 大阪大学の方が、大阪商人の発想を引き継いで、まだ
  「受験生というお客様のことを考える」
思想があるように思う。

« アメリカのロビー活動から学ぶべきこと | トップページ | 現在の常識にとらわれすぎていた(メディア論を学んで) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京大の入試問題の不具合対策:

« アメリカのロビー活動から学ぶべきこと | トップページ | 現在の常識にとらわれすぎていた(メディア論を学んで) »