ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 朝鮮半島の核問題に関して本当の危機はどこに | トップページ | SNS上で「イイネ」を欲しがる人への対策 »

2018年3月 8日 (木)

SNS充実の利点と欠点

 マクルーハン等のメディア論を読んで、近頃のネット社会について少し考えてみた。特に現在のSNSの普及は、メディア論で言う
  「フィードバックの充実」
を示している。例えば、投稿に対して『イイネ』や、アクセス数、フォロワー数などで反応がすぐ見ることができる。また、質問すればすぐに答えが返ってくる。
 このように、密なフィードバックが返る世界で育つと、そのようなフィードバックに対する依存的なものが生じてくる。つまり、自分が投稿したものが、良いのかどうかという判断を自分で行わず
 「イイネの数」
で判断するようになる。これはある意味では、客観的な数字と言えるので、独断での意見発表よりましという意見もある。しかし、自分の信奉者だけの世界に閉じこもる危険性もある。
 さて、このようなフィードバック依存の、もう一つの危険性は、
 「責任を持った考え」
を育てることが難しい点である。
 従来の書物による勉強という形なら、自分で読んで考え、自分の考えをまとめるという過程があった。このブログでも
  • 書く前には、自分なりにまとる
  • 根拠などを探す
  • 推論過程に無理がないか考える
などの作業をしている。
 このような作業を通じて、自分の言っていることに、自分で保証するという習慣がついている。
 SNS等の依存ではこれができなくなっているように思う。

« 朝鮮半島の核問題に関して本当の危機はどこに | トップページ | SNS上で「イイネ」を欲しがる人への対策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SNS充実の利点と欠点:

» SNS上で「イイネ」を欲しがる人への対策 [勉強の方法補充]
 昨日書いた、SNSによる承認を求める現象について、もう少し考えてみた。  メデ [続きを読む]

« 朝鮮半島の核問題に関して本当の危機はどこに | トップページ | SNS上で「イイネ」を欲しがる人への対策 »