ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 複数の罪が重なったときの説明ができていない理由は? | トップページ | 人の心に寄り添う力はどのようにして育てるか? »

2018年4月25日 (水)

当事者を理解できないから一方的な話になる

 テレビ朝日の記者に対する、セクハラ問題に関しては、昨日も書いたが、色々な問題が複合している。しかしながら、国会の追求も財務省の元次官だけの追求だし、一部のネットなどでは、テレビ朝日側の姿勢だけを追及している議論も散見する。このような複数の問題点に対応する必要性に関して、昨日は少し書いてみた。
 しかし、このような一方的な見方による攻撃は、どうして生まれるのだろう。私は、この理由は「セクハラ」「報道の責任」などという、抽象的な概念の独り歩きが一因であると考える。
 
 さて、このようにラベルに振り回されるのではなく、本質に突っ込むためにはどのようにしたらよいだろう。私の一つの考え方は、想像力により、その場に自分を置いて考えることだと思う。今回のテレビ朝日の記者の立場に立てば、セクハラ発言をする人への腹立たしさと、それを申し入れても受け付けない会社、特に報道という力を持ちながら、セクハラ追及ということもできない会社への絶望、そのようなものが見えてくると思う。
 もっと言えば、一年前にセクハラの被害を訴えて、夜の取材は止めていたのに、今回は会社都合(他社に遅れたから取り戻せ)で、無理な取材をさせられた不満、そこでセクハラ証拠を取り、それを報道できれば今後の為になると、自分に言い聞かせて不愉快な取材をした。しかし、それを会社に放送できないと拒否された絶望、このような深い闇が見えてくる。
 さて、このような現場を想像するためには、どのにしたらよいだろう。私の希望は、C.ライト.ミルズの「社会学的想像力」の発想である。
 
ただし、ミルズの原本は1959に出版されたものであり、その時代背景をきちんと理解しておかないと読み切れない。(それ以外の難しさもあるが・・・)そこで以下の入門書もある。
 

« 複数の罪が重なったときの説明ができていない理由は? | トップページ | 人の心に寄り添う力はどのようにして育てるか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当事者を理解できないから一方的な話になる:

» 人の心に寄り添う力はどのようにして育てるか? [勉強の方法補充]
 昨日書いた、「当事者を理解~~」の記事に関連して、もう少し議論しておく。 ht [続きを読む]

« 複数の罪が重なったときの説明ができていない理由は? | トップページ | 人の心に寄り添う力はどのようにして育てるか? »