ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 北朝鮮に対するもう一つの武器 | トップページ | 地獄を観たカウンセラーの強み »

2018年4月 6日 (金)

大阪地検特捜部は自ら求めて自滅の道を歩むのか

 森友問題に関して、色々なリーク情報が出ている。
 しかしこれのリーク元が気になる。もし、上記記事にあるように、大阪地検の特捜部がリーク元とすると動機が見えてくる。
 動機1「政府高官も絡む案件なので闇に葬られないようにマスコミにリークした」
 動機2「村木冤罪事件で落ちた大阪地検の評判を取り戻したい」
ここで、動機1に関しては、確かに同感する面もある。それこそ『忖度』されて、押しつぶされる可能性もないとは言えなかった。しかし、動機2が問題である。
 
 そもそも村木冤罪事件は、
 
  「官僚と権力の癒着」
 
という図式を、大阪地検特捜部が描き、それをマスメディアが煽り、悪役官僚としての村木氏を血祭りにあげるため、大阪地検が証拠捏造に走ったことである。
 つまり、マスメディアの論調も、大阪地検特捜部の見立てによったものであり、マスメディアが煽る『空気』に、ますます引っ込みがつかなくなった、大阪地検特捜部が証拠捏造までに走ってしまった。このように、地検の発表で、マスメディアがそれを取り上げる。さらにこれで世論の、
   「重罪にしろ」
パッシングが起こると、地検が引っ込みがつかなくなり、最後に証拠捏造に走ってしまっ
た。
 
 さて今回の、森友問題に関しても、上記HPの情報が正しいなら、大阪地検特捜部からの情報リークで、マスメディアや野党が騒ぎ、これでまたもや大阪地検特捜部に重圧がかかってくる。そこで、証拠捏造や不当な求刑が行われたら、今度は大阪地検特捜部自体が裁かれるのではないかと思う。
 村木事件の反省もなく、マスメディアを煽るほど、学習能力のない組織が、検察という権力を持つ危険性について、もう一度議論すべきではないかと思う。

« 北朝鮮に対するもう一つの武器 | トップページ | 地獄を観たカウンセラーの強み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪地検特捜部は自ら求めて自滅の道を歩むのか:

« 北朝鮮に対するもう一つの武器 | トップページ | 地獄を観たカウンセラーの強み »