ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 日大の対応はなぜ批判されるのか? | トップページ | 日大・アメフト事件から見る複合的な問題の解決 »

2018年5月28日 (月)

スポーツの存続問題という危機意識がどこにあるか

 本日もしつこいようだが、日大の反則タックル問題に関して、もう少し考えてみた。この問題を広く考えると、
スポーツとしての根本的前提である、『ルールを守る』ことができない指導者が出現した
ということである。これは、該当選手の発言だけでなく、当時のビデオ映像から見ても、監督コーチが違反タックルをした選手を、賞賛する雰囲気で迎えていることからも明らかである。
 さてこれがなぜ大きな問題になるのだろう。私は以下のように考えている。
スポーツには本質的に、相手競技者に危害を加える可能性のあるもの、が含まれる場合がある。その被害を最低限とするために、きちんとしたルールがあり、そのルールに従うという前提がある。
この前提を壊せば、一時的に優位になるかもしれないが、長期的にはそのスポーツは参加者がなくなり衰退するだろう。
つまり、スポーツとしてのアメフトの存続問題である。この件に関しては、関学も関東の連盟もよく理解して、彼らにできる適切な対応をとったと思う。
 さらにこの問題を深めると、
  「スポーツとはどうあるべきかという、道徳的・哲学的な議論」
が必要である。私の意見では
  「スポーツとは、お互いの信頼という上でかろうじて成立する」
モノである。もしこの信頼がなければ、その後は殺し合いの世界にまで発展する。
  「あいつを動かせなくすれば、これからうちは有利になる」
という発想(日大コーチの言葉)は、このような世界を引き出そうとしているのである。
 このような、価値観を認めさせないように、スポーツ指導者の倫理的な判別の仕組みを早急に作るべきではないかと思う。
 しかし、もう少し皮肉を言わせてもらえれば、
「今回の騒動で、日大の評判が落ちれば、うちの大学の志願者が増える。」
「日大の評判が落ちれば、文部科学省の補助金が内に回ってくる。」
「内田人事の評判が落ちて、関係者が一掃されれば、ポストが増える。」
等と考える、大学関係者がいるなら、これは日大の内田―井上ラインがしたことと、似たようなものになってしまう。
 ただし、私は日大のアメフト部救済のために、監督コーチを、大学連盟などから派遣する、特例措置はあってもよいと思う。その時には、派遣された監督コーチには、上記の
「アメフトの世界全体を救済するために行っている」
という、哲学的・道徳的な理念の発表がきちんとできて、それを実行できる高潔な人材でないといけないと思う。
 一層、関学OBに来てもらうべきかな。

« 日大の対応はなぜ批判されるのか? | トップページ | 日大・アメフト事件から見る複合的な問題の解決 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポーツの存続問題という危機意識がどこにあるか:

« 日大の対応はなぜ批判されるのか? | トップページ | 日大・アメフト事件から見る複合的な問題の解決 »