ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 弁護士懲戒請求に関してもう少し | トップページ | 日大問題に関して比較検討 »

2018年5月25日 (金)

日大問題に関連して色々と思うこと

 日大のアメフト部の問題に関して、色々と思うことがあるので、とりあえず項目だけでも書き残しておきたい。
 まず私もブログで書いたが、日大の危機管理学部に関する問題である。これは、今回問題を起こした部門とは違う。しかしながら、実学を教えると言う事から言えば、このような実践において役立たない学問は、教育する価値があるのだろうか?自分の大学の『危機』に対応できないで、他の人に教える資格があるか?このように考えると、この問題は関連していると思う。さらに言えば
 
 「今回の問題で、日大危機管理学部自体が、存在価値を疑われる
  『危機的状況』である。
 自らの対応で模範を示してほしい。」
 
という議論も必要ではないかと思う。
 次に、文部科学省やスポーツ庁に対しては、
 「スポーツの指導者の指導低能力者排除」
について、きちんと議論をしてほしいと思う。
 先日の、日大前監督の記者会見で
 「選手とはほとんど話していない。
  ゲームにおける個人の動きなど見ていない」
という趣旨の発言があった。これは、今回の事件の言い逃れだと思うが、本当に選手と話さないような者を『指導者』として認めるのか?これは、スポーツ庁あたりで、
 「不適切指導者排除」
の仕組みを考えて欲しいものである。これが言い逃れとしても、この発言自信が
 「指導者の致命的欠陥として恥ずべきもの」
という認識ができていない。これが大きな問題である。
 道徳教育の教科書を作るなら、
 「教える相手と話したことがない」
というようなかとは恥ずべきことときちんと書いてほしいものである。
 最後に、今回のタックルの当たり方に関して、アメフトの専門家の意見を聞きたい。私の感触では、あのあたり方は
 「人体を壊すための体当たり方」
という感じであった。本来のタックルは、
 「行動をつぶすためのタックル」
であり、人の体を壊すあたりとは別のものである。このような、人の体を壊す方法を、前から練習させていたのではないか?このような証拠をつかめば、日大アメフト部の組織的な犯罪の証拠がつかめるのではないかと思う。
 

« 弁護士懲戒請求に関してもう少し | トップページ | 日大問題に関して比較検討 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日大問題に関連して色々と思うこと:

« 弁護士懲戒請求に関してもう少し | トップページ | 日大問題に関して比較検討 »