ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« アメフト暴力事件について考えること | トップページ | 共犯者社会で救われない人たち »

2018年5月19日 (土)

共犯者社会の中では本当の反省がない

 昨日書いた、日大アメフト部の暴力行為事件に関連して、もう少し思いついたことがあるので書いておく。先日関学側が指摘したように、日大のチームとして、暴力行為をした選手を

  「よくやった」

という雰囲気で迎えたという事態に関してである。これは、チームとして、暴力行為に関する共犯関係が成立していると取られても不思議はない。

 しかしながら、日大の対応には不可思議なものがある。正確な言葉ではないが

 監督:「選手が行き過ぎた行動をした」
 コーチと選手:「あれは監督の指示だ、我々は逆らえない」

という雰囲気の情報が飛び交っている。これを一言で言うと

 「チームとして暴力行為、不正競争をしたのではなく、個人の問題である」

という言い逃れである。しかし、関学の指摘にあるように、暴力選手に対するチームとしての歓迎は、暴力行為に関する共犯関係があったと思わせるものがある。
 確かに、監督の強烈な指導というものあったと思う。そのような個人的問題は否定できない。しかしそれだけで、物事を終わらしてよいのだろうか。チームとして、大学としての体質にもきちんと向き合わないと物事の本当の解決には至らないと思う。

 例えばの話、ここで社会の追求に耐えかねて、U氏が自殺したとしても、それだけで追及を終えてはいけないように思う。やはり、監督の指示を実行しそれを受け入れたチームの共犯関係に関して、きちんとした検証が必要である。

 実は、この現象は戦後日本のA級戦犯に全てを押し付けて、戦時中の戦意高揚などに協力したことに口を拭った、多くの人たちや、オウム真理教の元信者で、教祖麻原彰晃に全てを押し付けて、

  「自分たちはマインドコントロールされただけ」

と言った人たちを連想しながら書いている。 

« アメフト暴力事件について考えること | トップページ | 共犯者社会で救われない人たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共犯者社会の中では本当の反省がない:

» 共犯者社会で救われない人たち [勉強の方法補充]
 昨日書いた、日大のアメフト部の暴力行為問題に関する、共犯社会問題に関して、もう [続きを読む]

« アメフト暴力事件について考えること | トップページ | 共犯者社会で救われない人たち »