ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« SNS文章はどこまで理解されているのか? | トップページ | 本当の「納得」を得るために自力で何を行うか »

2018年6月 6日 (水)

日本人の発表はなぜ自信がないのか?

 昨日、日経BPのHPで面白い記事を見た。
つまり、
中国人などは自信たっぷりに発表するが、日本人は弱気な発表になる。 
という話である。これは文化の違いとして色々と考えるべきものがある。
 まず一つ目の論点は、このような強気の発表は、中国人だけだろうか?少なくとも、欧米人の学会発表なども、日本人ほど卑屈なことはない。確かに中国人の強気は行き過ぎ面もあるが、日本人の自信のなさというか、行き過ぎた謙虚さの理由は検討すべきものがある。
 私の仮説の一つは、日本の学校教育の充実である。つまり、「完全な教科書」というものが存在する。このような前提で議論しているから、『完全なレベルでない理論』の発表に、腰が引ける。
 そして、多くの人が、
   「完全なものを期待する」
これは学会だけでなく製品に関してでも同様である。これがよく動くと高品質になるが、悪く動くと出遅れとなる。
 さて、私の二つ目の仮説は、この根本原因に、日本の大乗仏教、特に法華経の影響を観じる。聖徳太子の昔から、法華経による「全てが仏になれる』という思想が根底にある。これは、裏返せば、仏の完全な知恵を持てる。従って、完全でないものを言う事ははばかれる。
 このような考えがあるではと思う。
 

« SNS文章はどこまで理解されているのか? | トップページ | 本当の「納得」を得るために自力で何を行うか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の発表はなぜ自信がないのか?:

« SNS文章はどこまで理解されているのか? | トップページ | 本当の「納得」を得るために自力で何を行うか »