ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 相手をつぶすだけしか議論ができない理由 | トップページ | 人間関係に関して金銭面をどう考えるのか »

2018年6月23日 (土)

学校プールの塀は誰が決めたのか?

 先日の地震で倒壊した、高槻市の小学校のプール沿いの塀について、少しに気なることがある。
 この塀は、どの時点であるかは不明だが、積み増しされている。
 このような積み増しは、なぜ行ったのだろうか?
 一つの仮説は、プールを覗き見する変質者の問題である。
 このような変質者がいるから、という投書などで、市側が動くということは、ありそうなことである。
 ただし、このような時に、広く検討をせずに、
   「安易に積み増しておく」
というだけの行動をとったのではないかと思う。
 このような、投書などのクレームに対して、一面だけを見て安易な対策をしたら、他の部分でのトラブルが起こることはよくあることである。注意しておきたい。

« 相手をつぶすだけしか議論ができない理由 | トップページ | 人間関係に関して金銭面をどう考えるのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校プールの塀は誰が決めたのか?:

« 相手をつぶすだけしか議論ができない理由 | トップページ | 人間関係に関して金銭面をどう考えるのか »