ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 使える知識は縦横の広がりが必要 | トップページ | 本来の経営者の仕事と管理職の仕事 »

2018年8月25日 (土)

蓄積から自由になれる条件

 学問において、
   「先輩だから言う事を聞け」
ということは、建前では言ってはいけないことになっている。
 しかし、実際は大先輩の言う事に逆らうことはできないことが多い。
 この問題に関して、理由を明らかにしておかないと、若い人の成長を止めることになると思う。
 この問題の答えは、
   「蓄積の効果」
   「常識という明示されない情報の効果」
の2点が影響している。
 つまり、先輩たちが知っている『常識』を知らないものは、先輩に対して逆らえない。この『常識』の中には、いわゆる知識だけでなく、検討範囲のような知識の使い方も含まれている。
 
 さて、学問の世界では、数学や哲学の世界のように、
  「全ての前提を明記して議論する」
という場合もある。ここでは、『常識』による、議論の決めつけはできない。従って、先輩後輩の差もなくなるはずである。
 しかしながら、この分野では、別のハードルがある。例えば数学の場合には、数学の厳密な思考法をきちんと理解していないと、議論に参加することすら許されない。逆に、この思考法を身に着ければ、誰でも議論を展開できる。この段階になるまで、ある種の訓練が必要であり、それができないものは、
  「黙って聞いておけ」
と言われてもしかたない。
 確かに、コンピュータソフトの世界などでは、このような前提が明らかになっているので、力のあるものが参加できる。しかし、その他の分野では、まだまだ『常識』による議論が通っている。このような問題は、社会学や科学哲学で議論すべきではないかと思う。

« 使える知識は縦横の広がりが必要 | トップページ | 本来の経営者の仕事と管理職の仕事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 使える知識は縦横の広がりが必要 | トップページ | 本来の経営者の仕事と管理職の仕事 »