ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 尊敬できる人について | トップページ | 「なぜなぜ分析」と「FTA]についてもう一度議論を »

2018年8月31日 (金)

子供のいじめ問題について

 9月の新学期になったとき、子供の自殺が多くなるという話をテレビのニュースで聞いた。
 ただこのニュースで少し気になったことがある。それは、
  「8月末の自殺が増えている。
   この理由は、新学期が8月から始まる学校が増えたから。」
という議論であった。私はこのニュースの裏付けデータを見ていないが、違和感を持ったのは以下の点である。
  「可能性として、学校に行く前に恐怖で自殺する子が増えたのでは?」
という可能性である。
 つまり9月の自殺は、新学期になり、いじめる子に顔を合わせることが原因、または具体的ないじめが原因である。一方、新学期前に、
  「登校したらいじめにあう」
という、恐怖の結果自殺する子もいると思う。それ以外にSNSなどで、
  「学校で会ったらいじめる」
という予告をされる例もあるかもしれない。
 このような一つ一つの事例に向き合っての対処が必要だと思う。
 特に、子供の頭の中で、想像が膨れ上がり、恐怖で自殺になる。このような事例もあるのではないかと思う。現在の子供は、現実より想像の世界に生きる子が少なくない。そのような子に対して、ネットの上で救うのか、対面で救うのか、考えるべきものは多い。

« 尊敬できる人について | トップページ | 「なぜなぜ分析」と「FTA]についてもう一度議論を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供のいじめ問題について:

« 尊敬できる人について | トップページ | 「なぜなぜ分析」と「FTA]についてもう一度議論を »