ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 独自性の2段階 | トップページ | スターリング・エンジンからの発想 »

2018年8月11日 (土)

自力で突破する人のために

 昨日まで書いた、「自力で問題を考える人」向けの話を、実行する人へのアドヴァイスとしてまとめてみた。
 まず一つ目は、自分で考え抜いて、独自の答えを出す経験の大切さである。これは自立のための必要条件でもある。このように、自力で考えるためには、論理的思考や全体像を考える想像力が必要になる。人の指示待ちなら、このようなものの必要性すら感じなくなってしまう。
 次に大事なことは、自分で評価することの大切さであるが、これを実行する難しさも感がないといけない。自分で評価するということは、独断に陥る危険性を常にはらんでいる。そのためには、経験による検証や、広い視野での多面的評価が必要である。また先行事例の評価をきちんと行い、成功した理由の本質を見抜く、特に制約条件を見抜き、今後とも使えるか評価する。このような検討ができていると、自然と広い視野での評価ができるようになる。
 さて、このように独自で仕事を行う人間は、他人からのアドヴァイスを受けにくいときがある。確かに、
  「ああしろ、こうしろ」
という言葉を無視したくなることもある。しかし、先輩の助言を無視するのではなく、参考にすることが大事である。
 人に流されるのではなく、独自の姿勢を保つには、それなりの熱意が必要である。このような熱意で自らを奮い立たせる。時には他人を振り切り独自の道を行くことも必要になる。しかし、仕事においては、色々な人の協力も必要になる。特に、一つ突破したとき、その突破を確実にするためには、多くの人の協力が必要になる。
 このような時に、人の好意を素直に受ける余裕があれば、応援を受けやすくなる。
 
 時には独自性、時には協調性、この両面が必要になる。
 

« 独自性の2段階 | トップページ | スターリング・エンジンからの発想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自力で突破する人のために:

« 独自性の2段階 | トップページ | スターリング・エンジンからの発想 »