ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« なぜなぜ追求と哲学者 | トップページ | 徹底的に行うことで本当の解決が出てくる »

2018年9月 7日 (金)

「子供が親を選んで生まれてきた」という説についていて

 俳優の #春名風花 さんのTwitterが、
  「子供は親を選んで生まれてきた」
という意見と戦っているのを見た。
 この話は、日蓮宗系の教えを中途半端に理解している人に、時々出てくる。
 このようなことを言う人には、もう少し突っ込んでみないといけない。
  「それなら、親のあなたも『このような子供を授かる』と生まれる前に承知して
  生まれているのですね。その責任を果たすと約束して生れたのですね。」
自分の責任を放置して、他人の責任だけ追及する人が多いが、これでは本当の解決にはならない。
 さて、このように
  「生まれる前に自分の人生を説明受ける」
という話はどこから来たのだろう。
 これは色々な解釈があるが、私の理解は、法華経の根本精神である
  「全ての人には仏の力がある」
というから、
 「全てを見通す力がある」
という風に解釈が進んだと思う。但し、このような仏の力があるなら
 「皆を救う力がある。その責任がある。」
という話である。確かに、仏の立場で見れば、色々な人がいて、その人の過去もあれば未来がある。そのすべてを見通したうえで、皆がよくなるようにする。それが本当の自分の救いだと感じる。
 一時の感情にとらわれる、自分のことだけ、自分の周りだけを考える、その場しのぎだけを考える、これは仏の道の説くところではない。
 そこまで考えることができなくても、自分以外の人にも痛みがあることを考える。これが大切だと思う。 

« なぜなぜ追求と哲学者 | トップページ | 徹底的に行うことで本当の解決が出てくる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「子供が親を選んで生まれてきた」という説についていて:

» 徹底的に行うことで本当の解決が出てくる [勉強の方法補充]
 昨日は、仏の教えの中途半端な理解によるトラブルについて書いた。  http:/ [続きを読む]

« なぜなぜ追求と哲学者 | トップページ | 徹底的に行うことで本当の解決が出てくる »